子供の汗疹ケア

こどもの汗疹ケア

こどもの汗疹ケア
こどもは汗をかきやすく、皮膚は大人程強くありませんので、汗疹ができやすいです。
こどもの汗疹はどのように対処していけば良いのでしょうか。

 

また、汗疹ができにくいようにするためのポイントとはどのような対策があるのでしょうか?

 

汗を皮膚に留まらせない

汗は皮膚にとって非常に負担になるものです。
本来人の皮膚は弱アルカリ性で構成されているといわれています。汗は時期などにもよりますが、酸性であったり、アルカリ性であったりしますので、弱アルカリ性の汗でない限りは皮膚に負担がかかってしまいます。

 

そのため、ポイントとしては汗をかいたら拭き取るということです。
汗をかいたときにすぐに拭き取れば皮膚への負担を最小限にできますし、汗に含まれる塩分も皮膚には弱いですので拭き取りが効果的であるといえます。

 

お勧めの方法としては、まず濡れタオルなどでしっかりと拭き取る、その後乾燥したタオルで水分をふき取ると良いですね。

 

弱アルカリ性の汗をかくようにする

汗の酸性やアルカリ性というのは食事によって変化するといわれています。
そのため、食事を調整して弱アルカリ性にするようにしましょう。

 

酸性の汗をかく場合は、肉類や油類などが多い場合です。
アルカリ性の場合は野菜などを大量に摂取しているケースが多いです。

 

そのため、弱アルカリ性にするには肉類や油類は3、野菜は7ぐらいのバランスの取れた食事が大切です。
現代人は酸性の食事に偏りがちだといわれていますので、意識をして野菜を食べるようにするとバランスの良い食事がとれる傾向にあります。

 

汗疹クリームを活用する

汗疹ができてしま他場合は、かゆみがあり中々治りにくいのが現状ですので、できるだけかゆみを抑えるようにしましょう。
かゆみは空気に触れる、風に当たると出てきやすいとされていますので、できるだけ空気に触れないようにするのが大切です。

 

しかし、汗疹は夏場にできやすいといわれていますので、長袖などは着にくいかと思います。その際には汗疹専用のクリームを塗るとかゆみが抑えることができます。
クリームを汗疹に塗ることによって、風が直接肌に当たることを防止できますので、かゆみが抑えれて、快適に過ごすことができます。

 

また、汗疹に塗る薬はできるだけ低刺激のものをお勧めします。
汗疹クリームの中にはメンソールが入ってすっきりとするものもありますが、メンソールは汗疹に対して刺激がありますので、できるだけ低刺激のものを選ぶようにしましょう。