乳児湿疹のケアについて

乳児湿疹のケアについて

乳児が湿疹になることは良くあることです。湿疹ができても焦らずに対処できるように、原因と対処方法を知っておきましょう。

 

乳児湿疹ができる時期

乳児が湿疹を発症する時期としては、生後14日あたりから発症することが多いです。
その後赤ちゃんにもよりますが、1歳から2歳ぐらいには自然に消えていきます。

 

よくあることであり、徐々に収まってくるのが一般的ですが、なかなか消えない、ひどくなってきているといった場合は医師に相談してみると良いでしょう。

 

乳児湿疹ができる原因について

湿疹ができる原因としては様々なものがあります。

 

女性ホルモンによる影響

出生時は一般的に女性ホルモンが非常に多い時期とされています。そのため、皮脂がどうしても多くなってしまいがちで、ニキビなどができてしまいます。

 

アレルギーによる影響

アレルギーによる影響もあります。乳幼児はアレルギーに敏感な時期ですので、様々なものが触れることによって体がアレルギー反応を起こして湿疹ができてしまいます。
しかし、アレルギーが怖いからといって何も触れさせないようにすると、大人になった時に免疫ができませんので、ある程度は仕方がないと思っておきましょう。

 

汗疹(汗疹)による影響

乳幼児期は汗を良く書いてしまいますので、その影響で湿疹ができることがあります。
汗を良く拭き取る、スキンケアを行うなどをして対処するようにしましょう。

 

アトピー性皮膚炎による影響

アトピーの場合は放っておくと慢性的な症状になってしまいますので、できるだけ早めに医師に相談するようにしましょう。
アレルゲンを特定することによってある程度は予防することができますので、早めの対策がお勧めです。

 

乳児湿疹のケア方法

湿疹に対してはきちんとケアを行うことによって、症状が治まることがあります。
まず、ニキビ系の場合は、しっかりと洗顔をすることが大切になりますが、洗顔のしすぎには十分注意しましょう。必要な皮脂を取らないようにすることが大切です。

 

これは汗疹の対策にも言えることですので、心がけましょう。

 

アトピーやアレルギーに関しては、日によって症状が違いますので、それで判断するようにしましょう。
子供に増えてきているアレルギーとしては花粉や、動物のアレルギーです。

 

アトピーに関しても同様です。

 

乳児期に何に反応しているのか、しっかりと把握することによってその後の育児も楽になりますので、早めに受診をして原因物質を特定するようにしましょう。